イーサネット/IP

[Translate to Japanese:] EtherNet/IP

イーサネット/IPは工業オートメーション技術用のイーサネットを基盤とする通信プロトコルです。イーサネット/IPはDeviceNetでは周知のCIP (共通工業用プロトコルl)を使用します。このため新技術への移行はDeviceNetユーザーをはじめとても簡単にできます。

 

イーサネット/IPには特に以下のような特長があります:

  • UDP/IP上でのCIPに基づくリアルタイム通信、標準イーサネットがこれに含まれる
  • 周期時間 > 10-40 msで リアルタイム要求の適合性がある
  • 標準ネットワークコンポーネント(スイッチ等)とITテクニックの使用
  • 専用ゲートウェイ不要で通信/ルーティングをネットワークセグメント共通で処理
  • 転送経路及び制御システムの冗長性コンセプトを実装可能

 

アクチュエータ制御装置AC.2搭載のAUMAアクチュエータならイーサネット/IPに対応し、様々なネットワークの種類に容易かつ柔軟に統合可能です。

  • Details

    • 機能

      • 柔軟なプライオリティ制御によるスイッチ方式イーサネット
      • 生産者コンシューマモデルでのデータ交換:
        フィールドデバイス/アダプターが制御システム/スキャナー(コンシューマ)としてプロセスデータの利用を可能にします
      • ITテクニックに基づくIP基盤利用のアドレス管理
      • UDP/TCP/IPによるCIPプロトコル通信 周期的データ : UDPによるCIPインプリシット I/O
        非周期的データ: TCPによるCIPエクスプリシットメッセージング
      • デバイスカテゴリ:スキャナー(制御システム) アダプタ― (フィールドデバイス)
      • CIPデータ構造: デバイス/プロセスデータは属性としてCIPデータオブジェクトに含まれる
      • デバイスレベルリング(DLR)による冗長性
      • 管理されたスイッチからネットワーク診断
    • イーサネット/IP搭載アクチュエータ

      • アクチュエータ制御装置AC 01.2によりマルチターン型アクチュエータ SAおよびパートターン型アクチュエータSQに利用可能
      • スターコンフィグ用イーサネットポート 100BASE-TX (100 Mbit/s) 1つ
      • M12コネクタまたはRJ-45コネクタによる接続
      • DHCPないし操作ソフトウェアによるIP設定
      • 自動ネゴシエーション、自動クロスオーバー、自動極性指定で配線が容易
      • 入出力のプロセスイメージがCIP I/Oオブジェクトにフルに投影済み。
      • NAMUR NE 107準拠のアクチュエータ診断メッセージの分類
      • EDSファイルを利用したデバイス統合
    • 立ち上げと通信

      イーサネット/IPインターフェース装備のAUMAアクチュエータはネットワーク基盤に柔軟に統合でき、システム内であればどこからでもデバイス名やIPアドレスで識別でき、接続できます – ローカルネットワーク上のPCと同様。

       

      僅かな手順でAUMAアクチュエータをイーサネット/IP環境に統合できます。そのために必要なのは最初に標準化デバイス記述ファイル(EDSファイル)を制御システムに統合するだけです。次に制御システムのシステムツールを使用してプロセスイメージ入出力データ用の通信オブジェクト/インスタンスを設定します。

       

      リアルタイム要求度が高い場合、ネットワーク使用度のプランニングとIGMPによる管理されたスイッチの使用が必須になります。