[Translate to Japanese:] INDUSTRIAL ETHERNET

工業用イーサネット

古典的イーサネットがオフィス環境では未だに有線ネットワークの主な基準です。「工業用イーサネット」とは、イーサネットを工業オートメーションのヘビーデューティーな境界条件の下でも使用可能にする継続開発を指します。

 

 

工業用イーサネットにはいくつもの技術的利点があります:

  • 共有メディアを介するリアルタイムデータやITデータの転送
  • ネットワーク接続デバイスやネットワーク拡張性がほぼ無制限
  • トポロジーが柔軟、規模調整や拡張が容易
  • ビッグデータ転送でも高速
  • ウェブサーバ及びOPC UA等のIoTインターフェースをデバイスに統合可能
  • 専用ゲートウェイ無しでフィールドレベルからデバイスデータへのアクセスが容易
  • 操業に信頼が置ける、複雑な終端処理不要、メンテナンスが容易
  • 将来的変化に柔軟に対応できる

工業用イーサネットの典型的トポロジー

[Translate to Japanese:] [Translate to Deutsch:] Industrial Ethernet Topology

工業用イーサネットを使用するには特に高可溶性や堅固な通信、さらにホットスワップ等の要因が肝要です。この際特に、フィールドバスプロトコルとして利用可能であり、制御システムにスムーズに統合可能なプロトコルを使用します。これにはプロフィネットのほかにもイーサネット/IPやModbus TCPがあります。

 

インターフェース

  • Details

    • 構造の特徴

      • IEEE 802.3規格による通信
      • イーサネット スイッチはデータ転送を調整し、ライン上の競合を防止する
      • スイッチ間でのP2P接続
      • 送信方向と受信方向での全二重通信
      • スイッチ機能があるフィールドデバイスはフィールドレベルでのラインやリングトポロジーが可能
      • 有線接続(撚線ペア)ではネットワーク接続デバイス間の距離100 mが可能
      • 異なる伝送システム(LWL、WLAN…)とのハイブリッドネットワーク