AC SILとACEx SIL

損害が発生したとき人員や環境に多大な危険が発生するような設備に関しては、今日の技術水準からして損害が発生すると安全な状態を維持するか安全な状態にするような安全システムの装備が当たり前です。これらのシステムはプロセス業界用の国際共通安全規格IEC 61508またはIEC 61511準拠の仕様となっています。

 

AUMAはIEC 61508 / IEC 61511準拠の安全システムでの使用に適した多くの装置を提供できます。これらの装置には製品機能の安全性に対する要件レベルに応じてAUMAでは2段階を設けています。

 

最高レベルの機能的安全性についてはTÜVからIEC 61508 (2版)準拠として認証済みのAC.2 SILとマルチターン型とパートターン型アクチュエータSA.2ないしSQ.2シリーズの組み合わせにより実現されています。これらのクラスではSIL 2と冗長仕様(「1oo2」)からSIL 3までに対応します。このクラスの装置は要求レベルが高い最新版のIEC 61508に準拠しており、対応する安全回路に対する要件に安全機能を極めて柔軟に適合させられます。

 

確実な終端位置のフィードバック、NORM アクチュエータ (アクチュエータ制御無し)、選択されたギアボックスに対し、AUMA は実績ある製品を提供しています。これらに対し FMEDA を作成し、故障確率用指標を計算しました

 

計算結果はexida(機能的安全性分野の世界標準試験機関)による試験合格証付きです。指標計算済み製品は構成に応じてSIL 1かSIL 2要件での応用が可能です。