アクチュエータDとD(R)

マルチターン型アクチュエータ シリーズDは制御モード位置決め定格(クラスAとクラスB) / (短時間稼動S2 – 10/15分)専用の仕様となっています。

 

マルチターン型アクチュエータ シリーズDは調整モード(クラスC) S4 - 25 %専用の仕様となっています。S4 - XX %用特殊型式もご要望に応じます。

 

アクチュエータ シリーズD30 – D2000には各種の制御装置を組み合わせられます。単なる開閉制御から運転データ取得またはフィールドバスインターフェース経由のマイクロコントローラ制御の型式まで対応します。

 

  • 詳細

    • 構造の特徴 D

      • トルク範囲 10 Nm - 2,000 Nm
      • 駆動装置回転数域 5 - 160 RPM
      • 位置およびトルク検知
      • 三相交流、単相交流および直流モータ
      • 手動操作のハンドホイール
    • 構造の特徴 D(R)

      • トルク範囲 10 Nm - 2,000 Nm
      • 規定トルク範囲 15 Nm - 1,000 Nm
      • スイッチングの頻度 最高 1,200 c/h
      • 駆動装置回転数域 5 - 40 RPM
      • 位置およびトルク検知
      • 三相交流および単相交流モータ
      • 手動操作のハンドホイール

       

    • 環境条件

      • 高度な保護タイプ
      • 高度な腐食保護
      • 広い周囲温度範囲
    • オプション

      • 中間開度スイッチ
      • スイッチ (タンデム仕様)
      • 遠隔開度発信機
      • 磁気による位置およびトルクエンコーダ
      • 機械式開度表示器
    • インターフェース

      • AUMAコンパクトプラグでの電気接続 (またはクランプ接続)
      • 様々な仕様のケーブル挿し込み部
      • DIN および ISO に基づく接続型式