機能の安全性 – SIL

[Translate to Japanese:] Funktionale Sicherheit - SIL

機能の安全性およびSIL は、新たな国際規格によって定義されるプラントの安全性に関連する主要概念です。 – 最近新たな国際規格が発効しからというわけではありません。

 

AUMAのアクチュエータは、重要な安全性が要求されるシステムで使用され、プラントの安全操業に役立っています。従ってAUMAにおいて機能の安全性は重要な課題です。

  

フィールドバスによる通信が要件であるかまたはアクチュエータに診断情報を運転パラメータの最適化のため供給すべき場合、AC .2は要求度の高い制御機能用に最適のコントローラーです。

 

この機能をSIL 2およびSIL 3レベルの用途でも利用できるようにするために、AUMAはAC .2向け特別SILモジュールを開発しました。

 

SILモジュール

SILモジュールとはセーフティー機能を司る追加的な電子ユニットです。このSILモジュールは内蔵コントローラー AC .2に搭載されます。

 

緊急時にセーフティー機能が要求されると、AC .2の標準ロジックが迂回され、セーフティー機能がSILモジュールから実行されます。

 

SILモジュールには比較的シンプルな部品のみ、例えば、故障率が明確なトランジスター、抵抗器、コンデンサーが搭載されます。決定された安全仕様によりSIL 2での使用が可能になり、冗長仕様 (1oo2、「one out of two」)ではSIL 3への用途が可能になります。

 

セーフティー機能の優先度

SIL仕様AC .2搭載システムにはコントローラー2つの機能が統合されています。一つにはAC .2標準機能を「通常操作」に使用することができ、さらに、一体型SILモジュールによりセーフティー機能が実装されています。

この際セーフティー機能は通常操作より優先されます。この優先機能でセーフティー機能を実行する場合、コントローラの標準ロジックがバイパス迂回されることが保障されています。