AUMAクラウド

AUMAのAUMAクラウドは無償で安全なクラウドを利用するソリューションで、AUMAアクチュエータの資産管理 及び予防的メンテナンスを効率的かつ費用効果のあるかたちで確立し、持続可能なプラント可用性を確保します。AUMAクラウドは、プラント内にある全アクチュエータから詳細な装置データを回収して評価できる使い易い対話型プラットフォームです。プラント運用会社は高負荷あるいは保守の必要性があれば早期に検出でき、適切な措置を実施できるようになり、これで不慮な故障を防止できます。

アクチュエータにおけるインダストリー4.0

AUMAアクチュエータは網羅的操作データログを利用できます。スイッチングの頻度、モータ稼動時間、温度、振動、トルク、警告メッセージ、障害等の操作データからアクチュエータ – 及び対応するバルブ – が耐用期間の間に受ける負荷についての情報を把握できます。AUMAクラウドではデータを評価してユーザーが見やすいかたちで出力します。アクチュエータ稼働時間やバルブの全行程匹敵値といったような基幹的指標も計算されます。このため運用企業様は自律的にアクチュエータやバルブの状態を把握できます。メンテナンスは実際の負荷に基づいて計画することができます。より深い診断が必要な場合、データをクラウドから迅速にAUMAサービスへ転送させることができます。こうして詳細なリモート診断が可能です。現場でのサービス依頼費用が低下し、エラーの除去を速く行えます。今後、AUMAはデジタル化を推進し、AUMAクラウドにさらに新たな保守コンセプトを実装していきます。これには例えば分散プラントのライブ監視、機械学習、内外システムとのインターフェースが挙げられます。

お試しは簡単にできます

ウェブアプリケーションであるAUMAクラウドはどのブラウザーにも対応しており、インストール不要です。機能を利用するには登録してログインしてください。AUMAクラウドは無償でご利用になれます。

 

次の

リンクを開きます: https://cloud.auma.com/

 

詳細については

製品シートをご参照ください